太陽光、実際どうなの?パナソニックの4.5kWをつけてみての感想

令和2年12月から新築マイホームの屋根に、パナソニックの太陽光パネル4.5kWを取り付けた筆者。

今回はその経緯や費用、発電状況と光熱費の変化、注意点、所感を述べていきます。

太陽光発電って実際どうなの?

といった疑問をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

太陽光発電をつけた経緯

太陽光パネルがのった家

筆者が居住している県は比較的台風が多い場所にあります。

そのため子どもの頃、台風が通過した後、時々地区一帯が停電になることがありました。

そうなると冷蔵庫は開けられない、テレビがみれない、ゲームができない、夜になると暑苦しいなか寝るしかない、と不便極まりない訳です。

これを現在に置き換えると、スマホの充電ができない・使えない、リモートワークができない、平均気温が上昇しているなかエアコンが使えない、といったことが想定されます。

そうした背景から、マイホームで発電し、消費することができる太陽光発電は、選択肢としてどうしても入ってきました。

 

パナソニックの太陽光発電システムにかかった費用

太陽光発電システムにかかった費用

しかし、ここで問題になるのが費用。

 

当初の予定5.5kWの費用

前述したようなマイホームで太陽光で発電し、消費するためには、「太陽光パネル」を設置し「パワーコンディショナー」なるもので、電力会社と電線でつながり、売電や買電、消費していくことになります。

太陽光パネルは、国内メーカーか韓国のメーカーかの選択から始まり、(詳細は忘れましたが)最終的にパナソニックに落ち着きました。

そして、当初ハウスメーカーから見積もりで提示されたのは、250W×22枚(5.5kW)で1,400,000円(税別)。

その後、マイホームの建設と話し合いが着々と進む中、色々と諸経費が積み上がり予算オーバー。

見積もりで費用を削減できるところを探すことになります。

 

4.5kWの費用~252Wと250Wのパネルの設置の違い~

その結果、家族構成を考えると5.5kWから4.5kWに減らすことも可能ではないかとなり、4.5kWに変更。

その結果、既存の250kWより最新の性能がわずかに良い252Wのパネルを設置する予定になります。

しかし、そのパネルはPS工法で設置する必要があり、屋根に穴を開けないといけないことが判明。

家の耐久性を考えると、屋根に穴を開けるのは気が引けたため、既存の250kWに変更。

結果的に、252W×18枚(4.56kW)の1,100,000円(税別)から、250W×18枚(4.5kW)の1,090,000円になります。

結果的に31万円の出費の削減をしました。

 

発電状況と光熱費

パナソニックの太陽光発電のモニター

上の画像はパナソニックの太陽光発電のモニターの様子です。

テーブルに置ける縦11cm、横18cm程度の薄型のモニターがタイムリーに現在の発電と消費、それによって買電か売電、それぞれの量を知らせてくれます。

画像の日は太陽光が稼働し始めた日で、あいにくの曇りでしたので、買電になっています。

イメージとしては、雨の日は買電が売電を上回りますが、多少晴れ間がある日は売電が上回ることが多いです。

 

我が家の売電価格

ちなみに売電価格は、売電が正式に始まった平成21年は48円/kWhでしたが年々下げられ、筆者が契約した令和2年度は21円/kWhになっています。

売電価格が高く恵まれたように感じる平成21年ですが、当時の設置費用は現在の3倍の300万円前後かかっていたそうです。

 

3月の発電状況と光熱費

月別のパナソニックの太陽光発電のモニター

上の画像は、3月の発電状況です。

稼働した日と翌日、28日は雨天や曇りだったのか発電が悪いですが、その他は上々です。

 

月々の光熱費が分かるパナソニックの太陽光発電のモニター

モニターは下の項目が表示されているパネルをタッチすることで、上の画像に切り替えられます。

3月は売電額が3,759円、買電額が3,173円となり、収支は586円プラスとなっています。

 

4月の発電状況と光熱費

月々の発電量が分かるパナソニックの太陽光発電のモニター

上の画像は4月の発電状況になります。

雨天は6日程度で、30kWh近く発電している日が多く天気が良い日が多かった印象です。

 

月々の光熱費が分かるパナソニックの太陽光発電のモニター

結果的には、上の画像のように売電額が11,880円、買電額が7,495円と収支が4,385円プラスとなりました。

電気代を大きく上回り、太陽光発電を設置した初期投資分をまかなってくれる期待をされてくれる結果になりました。

オール電化に、洗濯乾燥機、食洗器、エコキュートを装備し、電力会社と夜間帯に光熱費が安い契約をした我が家。

深夜に洗濯や皿洗いを済ませていることも、買電の費用を抑え、収支をプラスにさせられた要因かと思います。

12㎏の洗濯乾燥機ビッグドラム(BD-SX120F)の口コミと実際の使用感を比較!

 

5月の発電状況と光熱費

梅雨の時期の太陽光発電のモニター

上の画像は5月の発電状況になります。

今年は例年より梅雨入りが早く、15日には梅雨入りが発表されました。

グラフでも晴れの日が少ない状況がみてとれます。

 

梅雨の時期の太陽光発電のモニター

それでも上の画像のように売電が買電を上回っています。

なんと売電額が8,795円、買電額が6,697円と収支が2,098円プラスとなりました。

意外にも、雨天が多い梅雨時期でも収益がでるのは心強い結果になりました。

 

いつ太陽光発電の初期費用分を取り戻せるか

いつ太陽光発電の初期費用分を取り戻せるか

まだ実績が少ないですが、いつ初期費用分を取り戻せるか考えてみます。

5月の売電額が約12,000円であったことを考え、月々同様の推移をしたと仮定すると、年間12,000円×12か月=144,000円の売電額となります。

21円/kWhという買取価格は10年間据え置きですので、10年で1,440,000円売電となります。

維持費もかかるとは言われていますが、単純計算でいくと初期費用の1,090,000円を大きく上回り、充分に元が取れる計算になります。

そういう意味では、売電価格が下がっているとは言え、お金だけで考えても太陽光発電を設置することは価値はあると思います。

 

太陽光発電を申請する上での注意点

ここまで読んで、なぜ令和2年12月に入居してるのに、太陽光発電が稼働し始めたのが翌年の3月なの?と感じた方もいるのではないでしょうか。

太陽光発電を申請するまでの流れは以下のようになっています。

①電力会社との契約

②資源エネルギー庁から事業計画認定を受ける

https://earthcom-eco.jp/column/tax-saving/delay-solar-equipment-certification

②の経産省の資源エネルギー庁の認定にかかる期間は、以前は1~2か月だったそうですが、最近は3~6か月かかるようになっているそうです。

我が家は夏から秋頃には申請書類を作成した記憶がありますので、経産省へ申請し、稼働するまででずいぶん期間を要したことになります。

ですので、ハウスメーカーと話し合い、可能であれば入居予定日より半年ほど前から申請をしておくと、入居日あたりから太陽光発電が始められるのではないでしょうか。

 

おわりに

巨大台風などの災害も増えている日本と、脱炭素社会へひた走る世界。

そうした社会で、太陽光発電と蓄電池をマイホームに装備し、電気自動車で生活する。

持続可能な社会、時流に合ったマイホームで暮らす。

それを身をもって我が子には体感してもらいたい。

 

そんな少し背伸びした想いもあります。

そして実際、太陽光発電が稼働し始めるとその背伸びした想いも案外、現実的だと感じています。

もちろん、蓄電池や電気自動車がもっと世に出回り、値段が下がるのが大前提ですが。

 

今回の記事が読者の皆さんの豊かな子育てlifeの一助になれば幸いです。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA