ウォーキングの靴はアディダスの「バウンス」「ブースト」一択の理由

各メーカーがしのぎを削って様々なブランドや製品を出している、ウォーキングシューズ。

それぞれのセールスポイントを見ていくと、どれもよさそうですよね。

しかし、実際は履いてみるとイマイチ…なんてことも。

そんな経験をしながら、様々なメーカーの靴を履いてきた筆者が行きついたのは、アディダスでした。

アディダスの中でも、「バウンス」と「ブースト」というブランドが、とにかく抜群なのです。

何がどう抜群なのか?その違いは何なのか?

気になる方はぜひご一読ください。

ウォーキングに適した靴とは?

ウォーキングに適した靴とは

どのような靴がウォーキングに適しているのでしょうか。

一般的に言われるウォーキングに適した靴

一般的にウォーキングシューズは、

・クッション性がある

・つま先はゆったり

・足が蒸れないように通気性がある

・ランニングシューズに比べ重量感がある

といった特徴があるようです。

 

運動学や解剖学的に求めたい靴の機能

足に優しい靴とは

人は立っているだけで、重力により体重分の身体を骨や筋肉などで支える必要があります。

そして、歩いたり走ったりすると、地面と接地した足からその体重分の衝撃が加速度的に身体に返ってきます。

本来ヒトが備え持っている背骨のS字カーブや関節の遊びがある柔軟性のある身体をしていると、そうした衝撃を逃がすことができます。

しかし、日々のストレスや身体の疲労により、身体は固くなり、その衝撃はダメージとして身体に蓄積されます。

そういう意味では、衝撃吸収にすぐれた靴は、身体に優しく、ウォーキングに適した靴と言えます。

 

筆者が履いてきたウォーキングの靴

筆者は十数年、主に屋内で仕事をしています。

基本的に動いていて、患者さんを抱えることもあり、数回ぎっくり腰を経験。

長時間立っていると腰痛が出現します…。

そうした状況の中、身体に優しく、かつコスパのよい靴はないものかと長年思っていました。

今までナイキ、ニューバランス、ミズノ、アシックスと、様々なブランドを試してきました。

しかし、なかなかしっくりくる靴には出会えませんでした。

 

行きついたのは「バウンス」と「ブースト」

アディダスのブースト

そこで出会ったのが、アディダスの「バウンス」と「ブースト」。

ここからは筆者激押し、愛すべき「バウンス」&「ブースト」についてご紹介していきます。

 

疲れにくいというより、履くと楽になる感覚

アディダスのバウンス
初代バウンス

初めて出会ったのは、ショッピングモールのABCマートでした。

その日はVANSを履いていたのですが、長時間の買い物の付き添いで、すでに足の疲労と腰痛が…。

職場での靴をそろそろ買い替えようと、買い物ついでに立ち寄り、試し履きをしてみたわけです。

すると履いた瞬間に何とも言えない心地よさに包まれました。

足の疲労がとれて、歩くのが楽になるような感覚でした。

 

ウォーキングしたくなる履き心地

現在、普段履きはニューバランスのmade in USAの相当いい靴と、職場で使い古したバウンス、VANSのERAなどを使用しています。

お値段的に長年敬遠していた、履き心地がよいと評判のニューバランスを履き始めましたが、正直履き心地は「バウンス」「ブースト」の勝利です。

小学一年生になった子どもの登校の付き添いを始めていますが、玄関を出るときにはバウンスを履きたい衝動にかられ、毎回バウンスでウォーキングしています。

バウンスやブーストを玄関に用意しておくだけで、本来おっくうなウォーキングがしたくなる感覚ってすごいですよね!

 

秘訣は衝撃吸収・反発機能

アディダスのバウンス
二代目バウンス

「バウンス」「ブースト」ともに職場で履きだしてからは、長時間立っていて出現していた腰痛は緩和されつつあります。

足を入れてみると、そのフワフワと沈み込んだ後に力強く押し返す独特なクッション性で、どのシューズとも異なる唯一無二の感覚の履き心地に驚く。

着地の衝撃を効率よく反発力に変換することで、自然と足が前に出るような走行感をランナーに与えてくれる。

https://www.pen-online.jp/feature/fashion/adidas_boost/5

その秘訣は、引用にもあるような高い衝撃吸収性能と反発機能にあります。

反発機能によって足にかかる体重を上へ跳ね返してくれるため、骨や筋肉で支える負担を減らし、身体を楽にしてくれるわけです。

また、本来「無意識に足がでる」ことで歩くことができる人間の歩行機能を、反発機能で自然と手助けしてくれます。

そういう意味でも、足元に衝撃吸収機能と反発機能の優れたバウンスやブーストを履かない手はありません。

 

悪くないデザインとお財布にも優しい値段

アディダスのバウンス
三代目バウンス

デザインはアディダスとだけあって、モダンなテイストで悪くないものが多いです。

そして、値段もうまく購入すれば5,000~10,000円の範囲でおさまるものが多いです。

季節が変わり目は、優れたクッション性能は変わらず型落ちしたものが、値段がお手頃になりねらい目です。

アディダスオンランショップ、大型スポーツ店のゼビオ、デポなどでも、お値段お手頃な「バウンス」「ブースト」が多数売ってあります。

アディダス オンラインショップ 【サイズ交換1回無料】スポーツデポ公式通販サイト

 

「バウンス」と「ブースト」の違い

アディダスのブースト
初代ブースト

疲れ知らずで履き心地が最高の「バウンス」ですが、最近のアディダスはバウンスより「ブースト」シリーズを押しているようです。

筆者も直近の靴の買い替えでバウンスを探すも見つからず、現在はブーストを履いています。

商品をみてみましたが、現在は靴底の機能にバウンスとブーストをミックスさせたものもあるようです。

 

アディダスの公式サイトを探しても、詳細な解説は見当たりませんでしたが、上の動画はアディダスの公式のもので、ブーストについて説明してくれています。

動画の内容をザックリ解説すると、

・「バウンス」はEVAという一般に普及しているクッション性の高い素材を靴底に使ったもの

・「ブースト」はTPUというプラスチック素材を膨らませて、柔らかくし、蒸気成形で一体化したもので、熱や寒さの影響を受けにくく、EVAより耐久性が高い

とのことです。

 

両者を履いたことがある筆者としては、どちらも履き心地がよく、耐久性もそれなりにあり、大差を感じません

要するにバウンス、ブースト、どちらも品質は間違いありません!

 

おわりに

いかがでしたか?

とにもかくにも、「バウンス」か「ブースト」を一度試してもらいたいです。

本当に履き心地がとてもよいのです。

デザインとコスパもよいので、もはやプライベートの靴も「ブースト」にしようかとまで最近考えています。

ダマされたと思ってぜひ一度履いてみて下さい。

「バウンス」「ブースト」の虜になること間違いなしです。

 

ちなみに、バウンスは「BOUNCE」、ブーストは「BOOST」とインソール(中敷き)またはミッドソールのかかと付近に英語でプリントしてあります。

モコモコしたソールであればブーストである可能性が高いです。

一度、アディダスオンランショップ、ゼビオ、デポなど大型スポーツ店のオンラインショップで探してみてはいかがでしょう?

アディダス オンラインショップ 【サイズ交換1回無料】スポーツデポ公式通販サイト

 

今回の記事が、身体に優しい靴との出会いとなり、ウォーキングなど健康によい運動習慣につながり、豊かな人生の一助になれば幸いです。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA